• トップ
  • 合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)

コレクション: 赤門そば

業種 【蕎麦屋】

キャッチフレーズ

東大の赤門前に店を構える「赤門そば」は、創業から52年、永きに渡り東大生や本郷の人たちに親しまれている蕎麦屋です。父、店主樋口健四郎は、20才で出前からはじめ、出前で母と出逢い、今も自分が出来るカタチをお客様やシニアスタッフに支えて頂いて頑張っています。予約のみで心をこめてお届けします。是非、ご予約宅配で赤門そばの味をゆっくりとお家で。大切な人への差し入れにも。出前で、幸せが届きますように♪

【注意事項】※当日(即日)の宅配は受け付けていません。※予約受付(翌日以降)のみですのでお気をつけ下さい。

合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)
合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)
合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)

合鴨と野菜の揚げ浸しうどん(温)

通常価格
¥2,000
販売価格
¥2,000
通常価格
店頭限定(または売切)
単価
あたり 
税込

・宅配での一番のおすすめの食べ方はうどんの中に野菜タップリの揚げ浸し(ピーマンは丸1ヶ分、茄子も1/2ヶ分を胡麻油で素揚げし出汁のきいたかけ汁で旨味を染み染みにしてあります。)この中に合鴨や長葱、鷹の爪を少量等を煮込んで味を調えてある汁なのですが、うどんの中にこの汁を入れ、電子レンジで3~4分うどんに旨味タップリの汁を温めていると、鴨のあぶらの旨味が溶けだし、旨味ましましな煮込みうどん風になります。[これがお時間がたったときの一番のおすすめの食べ方です。]

※晩酌のお供や、風邪ひきそうな体力が落ちかけたときに、肉も野菜も消化のよいうどんも入り、これだけ食べれば、心身がやさしく癒され、ゆったりした気分になります。
[透明カップの生野菜&薬味は耐熱ではないのでレンチンするときにとり出すことをお忘れなく。あとからトッピングして下さい♪]

・汁につけて食べるせいろ風もアレンジ頂けますが、可能でしたら、こちらは店内でお蕎麦で召し上がって頂く方がおすすめです